葬儀における全体の流れ

main-img

大切な人を亡くすことは、人生において日常的に多くあることではありません。それだけにその喪失感は大きく、心に大きなダメージを受けます。

桑名の葬儀の新しい情報です。

しかし、ただ打ちひしがれているわけにはいきません。



亡くなった人が大切であればあるほど、しっかりと送ってあげなければいけないからです。悲しみや寂しさを抱えながらも、葬儀の段取りは手際よく行わなければなりません。



大切な人を亡くした場合、まずは遺体を安置できる場所へ動かさなければなりません。



病院で亡くなった場合は、一旦自宅に帰ってもらうなりしますが、ここまでの段取りは病院に紹介してもらった葬儀屋さんに任せることも多いです。



ただ、それ以降の法要などを、全てそこに任せる必要はありません。

https://matome.naver.jp/odai/2141197371122428501

懇意にしているところやよくしてくれそうなところに頼むと良いです。その後まず決めるべきは、通夜と告別式の日時です。


喪主は誰が勤めるのか、挨拶や受付をどうするのかなど大まかな流れを決めます。
そして、参列いただきたい人などに連絡を済ませます。
亡くなった次の日やその次の日が通夜で、通夜の次の日が告別式という日程が一般的ですが、地域の慣習や宗教、またすぐに来られない重要な人のために1日遅らせるなど臨機応変に日程は決めていきます。

ただ、日常的に行うようなことではなく、特殊な事情がない場合は慣れない作業の連続です。

https://4meee.com/articles/view/769362

葬儀屋さんや親戚など詳しい人にわからないところは何でも聞く姿勢が大事です。


全く自分が知らないことや、驚くようなことも多々出てきます。

その都度きちんと確認をして故人を送ってあげたいです。

ほんの数日のうちに全てが執り行われるものなので、とても気ぜわしい数日となります。

http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000OT3N0

確かに大変ですが、しめやかに送ってあげることができれば、遺された者の気持ちも少しは落ち着いてきますので、力を振り絞って滞りなく送ってあげることが何より大切です。告別式が終われば、そのまま火葬場へ移動するのが通常です。
火葬が終わるまでの間、しばらく時間が空きます。

この時間を利用して次の法要の打ち合わせなどをすると良いです。親類一同が集まっていますし、少し時間をかけて話をするのに最適です。

初七日の法要は、近年では火葬の後すぐに行うのが一般的です。


1週間後にまた親戚や近しい人に集まってもらうのは大変なので、一緒に行った方が故人にとっても遺された者にとっても良いというのが理由です。初七日法要まで終われば、一段落です。
ゆっくりと落ち着いて気持ちを整理することができます。
参列していただいた方にお礼の手紙を書いたり、まだまだする事はありますが、気持ちの上で落ち着くことができるので、その後の段取りに集中できます。


深い悲しみの中で、葬儀の段取りをする事はある意味とても辛いことです。

しかし、亡くした人が大切であればあるほど、ゆっくりと眠ってもらうために葬儀は重要な行事です。


その人への愛情や尊敬などの気持ちをしっかりと込めて、送ってあげたいです。

関連リンク

subpage01

納骨堂を選ぶことのメリット

納骨堂は屋内に遺骨を安置して供養する施設で、有名な霊園でも設置しているところがあり、最近では利用者が増えています。納骨堂の大きなメリットとしては、普通の墓に比べて費用が安いということが挙げられます。...

more
subpage02

永代供養墓の特徴と選ぶ時の注意点

お墓は管理の手間がかかります。もともとは代々長男が継承して管理していくものでした。...

more