納骨堂を選ぶことのメリット

main-img

納骨堂は屋内に遺骨を安置して供養する施設で、有名な霊園でも設置しているところがあり、最近では利用者が増えています。納骨堂の大きなメリットとしては、普通の墓に比べて費用が安いということが挙げられます。

墓の場合には墓石や土地の費用がかかりますが、この施設の場合にはそれらが全く必要ないので、一般の墓よりもかなり費用が抑えられます。
また、利便性が良いというのも大きな利点です。
この施設では交通の便が良く、しかも駅から近い場合が多いので、通うのが非常に便利です。

さらに、墓地の場合は坂道などがあると、体調が悪いときや体力が衰えたときに行くのが辛くなるのですが、こちらの場合はバリアフリーのところが多いので、健康状態や体力の心配をせずに、誰でも通うことが可能です。

そして、屋内にあるため、天候を気にする必要がなくいつでも好きなときに訪れることができますし、屋外の墓の場合に必要な草抜きやメンテナンスの費用もかかることはありません。納骨堂のこの他の利点と言えるのは、永代供養を任せられるということです。

最近では墓の跡取りがいなかったり、子供や孫に負担をかけたくないという人が増えて、永代供養の墓に注目が集まっていますが、納骨堂の場合には永代供養が可能です。
さらに、それだけではなく、普通の永代供養墓よりも費用が安くてすむので、永代の供養を依頼したい人にお勧めできる施設と言えます。また、この施設では遺骨を移動する場合、普通の墓と同じように手続きは必要ですが、墓石を処分したりする必要がないので、移動がしやすく、またこれを受け入れる移動先の場所も多いので、効率的な移動がしやすくなります。


さらにここでは、宗派不問なので、どんな宗派であっても無宗教であっても、また外国籍であっても、気軽に利用することができるという利点もあります。
以上のように納骨堂には多くのメリットがありますが、これを選ぶ際の注意点もあります。
この施設では遺骨の収蔵期間が決まっている場合が多く、その後に更新がなければ合祀の形で供養されることになります。


他の人と一緒に供養されることに抵抗のある人は良く考えてから選んだ方が良いでしょう。
また、屋外の墓の形態やお参りの仕方に慣れている人は、その違いに戸惑う場合があるかもしれません。この施設では、墓地で良く行うような、水をかけての供養などはできないので、あらかじめどんなお参りの仕方ができるかということをしっかりと把握しておく方が良いでしょう。


ただ、水は無理でも、お花や線香を供えられるところはかなり多いので、墓地でのお参りの仕方に近い方法を望む場合でも、それに合った施設を選べる可能性は高いと言えます。

そして、この種の施設は人気が出てきているので、さまざまなニーズに合った施設にしようと工夫しているところも多いため、いくつかの施設を実際に訪れて設備や管理方針などを確かめてから、自分や家族に適した場所を選ぶことをお勧めします。

あなたにぴったりの東京で納骨堂情報を集めたサイトです。

最近気になった東京の永代供養墓を詳しく調べるなら便利なサイトです。

こちらの桑名の家族葬の基本知識を紹介しています。





http://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0521/80403.html



http://okwave.jp/searchkeyword/%E3%82%B4%E3%83%9F%20%E7%B2%97%E5%A4%A7%E3%81%94%E3%81%BF%E5%9B%9E%E5%8F%8E/

関連リンク

subpage01

大変な遺品整理は専門業者に依頼できる時代

人が亡くなると、故人の持ち物すべてが遺品となります。故人が大切にしているものはもちろん、ごみも遺品となります。...

more
subpage02

葬儀の歴史及び種類と簡素化される現状

日本では、戦後間も無い昭和23年に制定された墓地、埋葬等に関する法律や感染症法30条が遵守されて来た事から現在では99%以上の故人の遺体が火葬され、刑法第190条死体遺棄罪や第191条墳墓発掘遺体遺棄罪などにより自然葬で葬られる事無く墳墓に埋葬されています。世界では、風葬や樹木葬、鳥葬、水葬、塔葬など様々な葬送方法が存在します。...

more