永代供養墓の意味と特徴

main-img

日本人が信仰している主な宗教に仏教があります。



仏教では人が亡くなると遺骨の管理場所としているお墓を利用している場合がほとんどです。



しかし現代社会では核家族化しており、お墓を管理できる人が減少して来ています。



そのような核家族などを対象としたサービスに永代供養墓と言われているサービスがあります。永代供養墓の最大の特徴ですが、各種供養を寺院側が管理する事と言えます。


一周忌などの法要は全て寺院側から連絡が来ます。

万が一家族が仕事などで法要に参加できない場合には寺院側のみで行う事もできます。

新宿で永代供養墓に関する情報満載です。

通常のお墓がこのような管理を喪主が行う事を考えると、喪主側の負担はかなり少ないです。
一周忌のような故人の法要はもちろんですが、お彼岸会や御会式などの寺院側の行事の際にも供養してもらう事ができます。

このようなサービスは通常のお墓ではあまり考えられない事です。


寺院側の行事の際に同時に供養してもらう際の供養料は無料となっています。
次に永代供養墓のサービスは通常のお墓よりも価格がかなりリーズナブルです。

四日市の葬儀で事前見積りに関する予備知識が満載です。

通常のお墓だと土地代や暮石代などを含めて500万円から1000万円近くかかる場合があります。

https://4meee.com/articles/view/1000813

信販会社のショッピングクレジットが利用できるので、一括払いとなる事はまずありませんが、それでも月の支払いが5万円から10万円の費用がかかってきます。それにプラスして管理費が必要になる場合もあり、そちらの支払いが必要になります。

しかし永代供養墓のサービスの場合だと暮石代金のみで20万円から50万円程度で済みます。

年間の管理費は必要になりますが、それでも月の支払いは5千円から1万円程度で済みます。

信販会社と寺院が提供している場合もあり、その場寺院の事務所でクレジットの審査を受け付けしている場合もあります。

http://talk.m3q.jp/?order=update&page=387

審査結果ですが遅くとも一時間以内には寺院側の事務所に返答があるようになっており、通常の自動車ローンと同じ感覚で利用する事ができます。
通常のお墓だと寺院の檀家になる事が必須となります。


しかし永代供養墓のサービスを利用する場合には寺院側の檀家になる必要はありません。

https://allabout.co.jp/gm/gc/295465/

寺院側から勧められる時もありますが、なりたくない時には断っても問題ありません。
しかし檀家になりたい場合には通常のお墓の場合と同じように檀家になったり機関紙を購読する事も可能です。寺院にもよりますが、こちらのサービスには期限がある場合もあります。期限が近くなったら寺院側からどうするか相談があります。寺院側に全てを依頼する時には合葬してもらう事もできますし、自ら遺骨を引き取る時にはきちんと供養して引き渡す事もできます。どちらのパターンでも寺院の宗派のやり方で供養するので、安心して依頼する事ができます。一度こちらのサービスを利用すると利用を解除するまでは、過去の宗派に戻る事は出来ないので身内にはよく説明しておかないと後々大変な事になる場合も稀にあります。

関連リンク

subpage01

望まれて増えつつある自然葬

ここ数年で、自然葬という考え方が急速に広まり、それこそ自然な感覚で受け入れられるようになって来ました。これまでは、遺骨は通常、霊園の墓所に納められるのが当たり前で、それ以外の場所に散骨するなどということは、法律の上でも難しいとされていました。...

more
subpage02

葬儀における全体の流れ

大切な人を亡くすことは、人生において日常的に多くあることではありません。それだけにその喪失感は大きく、心に大きなダメージを受けます。...

more