永代供養墓の特徴と選ぶ時の注意点

main-img

お墓は管理の手間がかかります。

もともとは代々長男が継承して管理していくものでした。
しかし現在では遠方に移住したり、継承する子どもがいなかったりと、維持管理してくのが難しくなっています。

管理費を払えないお墓は無縁墓となりますが、この無縁墓が急増しているというデータがあります。
そこで、無縁墓になるのをさけるためや、子どもに管理や供養の手間や負担を掛けさせたくないなどの理由から、近年永代供養墓を利用する人が増えてきています。

永代供養墓とは、お寺が責任をもって永代まで供養してくれるお墓です。一般的に他の遺骨との合祀となりますので、合祀墓や合同墓などとも呼ばれます。


自治体が管理する供養墓もありますがわずかで、ほとんどの場合は寺院が管理運営しています。
それでは永代供養墓とはどのようなものなのでしょうか。
【永代供養墓の特徴】お墓と一番違うのは、お参りする人がいなくても、寺院が供養と管理をしてくれる点です。
合祀しますので墓石の購入が必要なく、費用をおさえることができます。

最初に支払うのは永代供養料、使用料、管理料などです。

墓碑に刻字してもらう場合、別途費用を請求される場合と料金に含まれている場合とがあります。


お墓と違って維持管理料を後々まで払い続ける必要はありません。


ただし、生前に申込んだ場合は年会費や管理料を支払う必要があるところもあります。


費用総額はまちまちで、5万程度で済むところもあれば100万を超えるところもあります。

50万円程度が相場です。


宗教や宗派にこだわらないところが一般的です。しかし寺院によっては檀家になることを求められたり、在来仏教なら宗派は問わないが、他宗教の場合は受け入れないというところもあります。
外観にもいろいろなタイプがあります。地下や半地下に納骨スペースがあり、その上に仏像や仏塔などが置かれたタイプがよく見受けられます。納骨のしかたもいくつかあります。

骨壺から遺骨をだし、粉にして1か所にまとめるやり方もあれば、33回忌や50回忌まで遺骨を納骨堂に安置し、その後合祀墓に移すやり方もあります。

分骨して一部を骨壺にいれて安置し、残りの骨を合祀するケースもあります。
この場合、骨壺を永代供養する場合もあれば、一定期間のみ安置して合祀する場合もあります。

【永代供養墓の選ぶ時の注意点】運営管理している寺はたくさんあります。

一覧が検索できるサイトもありますので、利用するといいでしょう。


永代に渡って供養や管理をお任せするわけですので、信頼できるお寺や住職がいるところを選ぶのが大切です。


いいと思えるところがあったら、宗教や宗派については不問かどうか、檀家になる必要はあるのかなど確認しましょう。また供養や管理をどのように行っているかを確認することも大事です。費用もまちまちですのでしっかり金額を確認しましょう。
費用にはどこまで含まれているのか、追加で発生する費用はないかといったことも最初に確認しておくべきです。

東京の永代供養墓に関するお役立ち情報サイトです。







オンリーワンの西宮の葬儀の情報を掲載しています。

https://news.nifty.com/article/world/china/12181-158524/

http://okwave.jp/searchkeyword/%E3%82%B4%E3%83%9F%20%E7%B2%97%E5%A4%A7%E3%81%94%E3%81%BF%E5%9B%9E%E5%8F%8E/

https://allabout.co.jp/gm/gc/208228/all/

関連リンク

subpage01

葬儀における全体の流れ

大切な人を亡くすことは、人生において日常的に多くあることではありません。それだけにその喪失感は大きく、心に大きなダメージを受けます。...

more
subpage02

納骨堂を選ぶことのメリット

納骨堂は屋内に遺骨を安置して供養する施設で、有名な霊園でも設置しているところがあり、最近では利用者が増えています。納骨堂の大きなメリットとしては、普通の墓に比べて費用が安いということが挙げられます。...

more