長年連れ添った妻の樹木葬をするメリットとデメリット

main-img

長年連れ添った妻の樹木葬をすると、自身も一緒に入りたくなる、空気が美味しい、記憶に残るなどのメリットが期待可能です。
樹木葬が行われるのは四季折々の変化を見せる、美しい自然に囲まれた土地にある木々の根元です。



そのため、妻の遺骨を埋葬をした場所に、いつかは自身も入りたいと考えてもおかしくないです。


ただ、その場合は葬儀をしてくれる側の人間へ伝える必要があります。

子供がいる場合は任せられる人間としては最適ですが、縁起でもない話なので、泣き出してしまう可能性が高いため注意です。


前もって遺言書を作成しておき、その内容に付け加えると効果的です。時間はかかりますが遺言書に書かれた通り、妻の眠る土地に入ることができます。あと、樹木葬をする場所は沢山の自然に囲まれた土地なので、滞在していると空気が美味しく感じられます。


都会に住んでいた場合は、中々味わうことができない空気なため、深呼吸をしてその周囲の空気を吸い込んでみるのもいいです。


身体の隅々に新鮮な空気が行き渡り、健康的になる効果を期待できます。


ですが、周囲に沢山の人々が一緒に参加していた際は、見られると恥ずかしいのでこっそりとしておきましょう。

東京で永代供養で快適な暮らしを実現しましょう。

樹木葬が行われる場所は先祖代々の墓ではなく、あまり足を運ばない場所なので、その光景をいつまでも目に焼き付けておきたくなるはずです。

最近気になった桑名の家族葬のクチコミ情報を求めています。

そして、妻の名前が書かれた位牌を大事にするようになります。

毎朝、妻の位牌が置かれた仏壇に線香をあげていると、自然と気分が楽になっていきます。葬儀の際に念仏の書かれた紙を頂いた時は、お坊さんの真似をして読み上げて見るのも悪くないです。
念仏を唱えていると、悲しい気持ちと同時に寂しさも徐々に消えていく効果があるので、心を落ち着かせるのに最適です。


時間がある時は、妻の遺骨を納めた場所に行ってみるのもいいです。



その時は、妻が好んで食べていた飲食物を置いたり、線香をあげると妻が喜んでくれます。

三重の家族葬を是非ご利用ください。

デメリットには葬儀の後に行おうとすると親族が反対する、埋めた場所が覚えにくいなどが挙げられます。

家族葬の終了後に妻の樹木葬をすると親族達に話すと、おそらくですが反対の意見が出てもおかしくないです。

家族葬は長ければ3日近くかかる葬儀なので、疲労を感じているのが反対の理由です。
それに、参加者達の中にはあくびをしている人も出ていると思われます。

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO08424250V11C16A0TJC000/

ですが、四十九日の法要を挙げてからなら反対者は出にくいです。

なので、後日に後回しにすると話せば納得してもらえます。


妻の遺骨を埋葬する場所は県内でも有数な珍しい地域のため、普段は行かない地域なことから、埋葬場所がわからなくなる場合があります。



埋葬した場所と背景を写真で撮影して、その写真を親族達に渡しておくとお墓参りしやすくなります。



または、周辺の情報が書かれたメモを大量に印刷して、親族達に渡すのも良い手法です。
その時は、妻の位牌や写真も一緒に渡しておくといいです。

関連リンク

subpage01

望まれて増えつつある自然葬

ここ数年で、自然葬という考え方が急速に広まり、それこそ自然な感覚で受け入れられるようになって来ました。これまでは、遺骨は通常、霊園の墓所に納められるのが当たり前で、それ以外の場所に散骨するなどということは、法律の上でも難しいとされていました。...

more
subpage02

大変な遺品整理は専門業者に依頼できる時代

人が亡くなると、故人の持ち物すべてが遺品となります。故人が大切にしているものはもちろん、ごみも遺品となります。...

more