望まれて増えつつある自然葬

main-img

ここ数年で、自然葬という考え方が急速に広まり、それこそ自然な感覚で受け入れられるようになって来ました。



これまでは、遺骨は通常、霊園の墓所に納められるのが当たり前で、それ以外の場所に散骨するなどということは、法律の上でも難しいとされていました。
近年、定められた規定を遵守して、正しい方法で行えば、海へ散骨する海洋葬や、定められた区域内の樹木の元に散骨される樹木葬などが認められるようになり、それを望む遺族も増えた感があります。また、死後は自然に還して欲しいと生前から希望する人も少なくなく、今後、そういったニーズに対応する霊園が多くなることが予想されます。

四日市で葬儀の事前相談に関する情報が幅広く集まります。

自然葬と一口に言っても、幾つかの方法があり、代表的なものは前述の海洋葬と樹木葬です。海洋葬は、それが許されている海域へ散骨する葬送です。

散骨できる海域については、法律による明確な決まりは未だ無いようですが、陸地から一定の距離を保つなど、厳守すべき条件があります。

利便性を重視した三重の葬儀に関する特集が満載です。

幾つかの団体が行っていますので、個々に問い合わせをして、守るべきルールを把握します。


海洋葬にしても樹木葬にしても、言わば試行錯誤の段階ですので、今後その方法を選択する人が増えることで、細かな決まり事など、徐々に定まっていくと考えられます。

樹木葬は、樹木を墓碑に見立てるなどして、その根元や周辺に散骨し、故人を弔う方法です。

樹林墓地(じゅりんぼち)と呼ばれることもあります。

樹木葬の場合は、海洋葬のように遺骨を粉末にして散骨を行なうばかりでなく、遺骨の形を保ったまま埋葬することもあります。

特徴のある新宿で納骨堂のいろいろな情報を集めました。

もちろん、どこの森林のどんな樹木でも良いわけではなく、墓埋法上、墓地として許可を受けた区域内の樹木を墓碑として埋葬されます。樹木葬は、海洋葬に比べて埋葬法が幾通りかあり、墓碑とする樹木にしても、遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を1本植えるという方法もあれば、墓地の中央に象徴となるような樹木を植えて、その周辺の区画にそれぞれ遺骨を埋葬する方法など、霊園や墓地によっても違いがあります。

西宮の葬儀の詳細はこちらで簡単に調べられます。

同じ霊園内でも、全体を樹木葬墓地とする場合と、一般的な墓地もあれば樹木葬の墓所もあり、あるいは樹木の代わりに芝生を植えて公園の趣がある自然葬エリアを設けているところもあります。

http://getnews.jp/archives/1486819

いずれにしても、従来の墓石が並ぶ墓地でなく、のどかな自然公園の風情を醸し出す埋葬地が好まれるようになって来ています。



墓碑として植えられる樹木は、あまり大きくならないタイプの、庭木としても人気があるハナミズキやサルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイ、ムシカリ、ツリバナ、モミジなどが選ばれる傾向にあります。

https://4meee.com/articles/view/564994

自然葬は、故人を自然に還す意味合いもありますが、自然環境を大事する考え方も大いに影響していますので、樹木そのものが、植樹される地域で無理なく育っていけることはもとより、生態系全体に悪い影響を与えないようにすることに重きが置かれています。
地球温暖化対策などで植樹の大切さが人々の間に浸透するにつれて、樹木葬などの自然葬が、より広まって来たとも言えましょう。

関連リンク

subpage01

納骨堂を選ぶことのメリット

納骨堂は屋内に遺骨を安置して供養する施設で、有名な霊園でも設置しているところがあり、最近では利用者が増えています。納骨堂の大きなメリットとしては、普通の墓に比べて費用が安いということが挙げられます。...

more
subpage02

望まれて増えつつある自然葬

ここ数年で、自然葬という考え方が急速に広まり、それこそ自然な感覚で受け入れられるようになって来ました。これまでは、遺骨は通常、霊園の墓所に納められるのが当たり前で、それ以外の場所に散骨するなどということは、法律の上でも難しいとされていました。...

more