大変な遺品整理は専門業者に依頼できる時代

main-img

人が亡くなると、故人の持ち物すべてが遺品となります。
故人が大切にしているものはもちろん、ごみも遺品となります。それらの遺品を整理して形見分けを行ったり、不要なものを処分したりするのが遺品整理です。

一般的には家族や親類が行っていますが、近年は家族形態が変化してきています。
核家族や高齢者の一人暮らし、高齢者夫婦、家族や親類が遠方に住んでいるというように、整理や片付けを行うことが難しい、整理する人がいない、といった人が増えている傾向があります。

そのような人の代わりに、作業を代行してくれるのが遺品整理業者です。


高齢で整理を行う体力がない、故人を思い出して整理作業が進まない、といった人たちにもおすすめです。

専門の業者も増加し、専門の知識を保有していることを証明する、遺品整理士という認定資格も登場しているほどで、需要があることがうかがえます。

孤独死など、特殊なケースでも請け負ってくれる業者もあります。


プロの業者に整理作業を依頼できる時代となっています。


専門の業者に依頼するメリットは、短時間で仕分けと整理を行ってくれる点です。基本的に、遺族が作業が行うときは、時間が空いたときにゆっくり行えばよいのですが、特に故人の自宅が賃貸物件である場合は、その物件を早期に明け渡たしたいものです。


早く片付けなければ、月々の家賃に影響してくるからです。


遺品の量が多すぎる場合や、重くて大きな遺品でも迅速に片付けてくれるという点が、業者に依頼するメリットとなります。また、孤独死などの特殊な場合、遺品とともに臭いが残ります。


そのような臭いや部屋の清掃も引き受けてくれるというメリットもあります。
遺品整理業者は専門で行っているところもありますが、公的な資格制度がないことから、メインとなる業務と並行して行っているところもあります。

例えば、便利屋、産業廃棄委処理業、不用品買取業、引っ越し業、葬儀屋などです。
遺品の中にはごみのような不用品もありますが、すべてをごみのように取り扱われるものではありません。

安さだけで依頼してしまうと、納得のいかない整理作業になってしまうことがあるので注意しましょう。良い業者を見極めるには、いくつかの業者の契約内容や見積もりを比較することが必要です。


設立年数や実績、認定資格を持っているか、ネットサイトでの口コミなども参考にすることがおすすめです。


また、遺品整理業者は、不用品を廃棄するための家庭系一般廃棄物収集運搬許可、不用品買取りをするための古物商許認可番号を持っているかどうかもチェックしましょう。

依頼にかかる料金の目安は、整理する遺品の量や部屋の大きさが影響してきますが、基本的に整理作業の料金に処分料金、ハウスクリーニングなどのオプション料金が加えられ、リサイクル品の買取りがあればその料金から差し引かれるといった内容になります。このようなポイントに気をつけ、遺品を丁寧に扱い、仕分け、処分をしてくれる良い業者を見つけましょう。



東京で納骨堂の情報をあなたにご紹介いたします。

こちらの東京で永代供養情報の豊富さで有名なサイトです。

東京で永代供養墓の情報がてんこ盛りのサイトです。

東京の永代供養を自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

https://4meee.com/articles/view/1000509

https://job.tsite.jp/job-offer/detail/12525?ar=21&pg=4

http://okwave.jp/qa/q7282716.html

関連リンク

subpage01

望まれて増えつつある自然葬

ここ数年で、自然葬という考え方が急速に広まり、それこそ自然な感覚で受け入れられるようになって来ました。これまでは、遺骨は通常、霊園の墓所に納められるのが当たり前で、それ以外の場所に散骨するなどということは、法律の上でも難しいとされていました。...

more
subpage02

永代供養墓の特徴と選ぶ時の注意点

お墓は管理の手間がかかります。もともとは代々長男が継承して管理していくものでした。...

more