お寺が管理や供養をしてくれる永代供養墓

main-img

永代供養墓とは、お墓参りができない事情や跡継ぎ不足による事情から事前の手続きにより、お寺や霊園で供養と管理をしてくれるお墓のことです。


お寺や霊園が用意してくれた場所に、他の面識のない人たちと一緒に遺骨を納め供養してもらうため、永代供養墓という名称の他に合葬墓や合同墓、合葬式納骨堂、永代納骨堂といった様々な名称でも呼ばれています。


近年、少子化により跡継ぎがいないという家も増えています。


お墓は跡継ぎがいない場合、購入することが出来ず、昔は養子を迎えてでも跡継ぎを作っていますが最近ではそういったことをする人も減少し、生涯独身という人も増えてきています。

そういった跡継ぎがいなくてもお墓を購入したいという人たちの声から、永代供養墓は登場しました。
無縁仏と同じと考えている人もいますが、実際は大きく異なります。
永代供養の場合は、自身や親族が跡継ぎがいないということで事前にお寺に決められた費用を支払い、供養を依頼しています。
反対に無縁仏の場合は、跡継ぎがいないのは同じですがそのまま何も手続きをすることなく放置された状態のことを意味します。


当然管理費用の支払いもなく、お墓を撤去するかそのまま管理していくかはそのお寺の判断次第ということになります。

東京で永代供養墓の知識が一目瞭然です。

永代供養は一般的なお墓と比べても様々なメリットがあります。最大の魅力は上記でも触れましたが、跡継ぎがいない場合でも購入できるという点です。

桑名で葬儀の事前見積りに対して関心度が高まっています。

一般的なお墓と比べて、お寺や霊園がお墓の管理や清掃を定期的に行ってくれるため、自分たちで清掃する手間を省くことができます。



定期的に供養や法要もお寺で行ってくれるため、自分たちで手配することもなく無縁仏になる心配もありません。

三重の葬儀が今、話題になっています。

費用も一般的なお墓が200〜300万円ほど墓石の購入にかかるところ、1万円台と破格の値段でお墓に入れるところもあるため、一般的なお墓の購入が難しいという人にもピッタリです。

三重の家族葬にアクセスしてください。

宗教や宗派を問われることもなく、料金も一定の金額を支払えば後は管理費もかからない所が多くなっています。


メリットはたくさんありますが、個人の墓石を持つことができない所が大半のため自分の墓石を持ちたいという人には向いていないお墓といえるでしょう。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/hosei/refresh/news435.html

また、定期的に供養は行われますが故人が亡くなった時期に合わせて供養を行いたいというのも難しい場合があるので、供養の時期にこだわりたい人は自身のお墓を購入するほうが希望に添えることでしょう。
また、永代供養といっても様々なタイプに分かれます。共同の埋葬場所に骨壺のまま、もしくは遺骨のみを最初から合葬する合葬タイプ、始めは個別に埋葬し一定期間が経過したあとに合葬される一定期間個別埋葬タイプ、管理料の支払いが続くかぎり個別埋葬で支払いがなくなって一定期間経過したあとから合葬になる個別埋葬有料タイプといったものが主な種類になります。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6016526.html

どのタイプも合葬したあとは、遺骨を取り出すことが難しいためよく考えて選択するようにしましょう。

https://matome.naver.jp/odai/2142595979906258501

関連リンク

subpage01

永代供養墓の特徴と選ぶ時の注意点

お墓は管理の手間がかかります。もともとは代々長男が継承して管理していくものでした。...

more
subpage02

納骨堂を選ぶことのメリット

納骨堂は屋内に遺骨を安置して供養する施設で、有名な霊園でも設置しているところがあり、最近では利用者が増えています。納骨堂の大きなメリットとしては、普通の墓に比べて費用が安いということが挙げられます。...

more